スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気軽に映画の感想等書き込んで下さい♪

4分間のピアニスト【dビデオ】

10004713_v.jpg

配信日 2013.2.01より配信
終了日 未定
時間 115分

お勧め度 ★★★☆☆

管理人 視聴無し コメ無し





dビデオ公式 より ←スマホからのクリックは直接dビデオ


作品データ(出演 / スタッフ / etc)|Data

2006年 / ドイツ /監督:クリス・クラウス/脚本:クリス・クラウス/製作:メイケ・コルデス アレクサンドラ・コルデス クリス・クラウス/撮影監督:ジュディス・カウフマン/美術:ズィールケ・ブーア/音楽:アネッテ・フォックス/音響効果:アンドレアス・ルフ/編集:ウタ・シュミット/衣裳/スタイリスト:ジオイア・ラスペ/出演:ハンナー・ヘルツシュプルング モニカ・ブライブトロイ スヴェン・ピッピッヒ リッキー・ミュラー ヤスミン・タバタバイ ステファン・カート Vadim Glowna ナディヤ・ウール ペーター・ダフォア/その他:Susana Sanchez / (C)2006 KORDES & KORDES FILM GMBH/SWR/BR/ARTE


あらすじ(みどころ)|Summary

ピアノ教師として刑務所を訪れたトラウデ・クリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、ジェニー・フォン・レーベン(ハンナー・ヘルツシュプルング)の才能を見出す。クリューガーはジェニーの指導に残りの人生を捧げる決意をし、所長を説得して彼女のレッスンを始める。。(以下省略)


解説|Description

獄中の天才ピアニストと教師の魂の交流を描いた感動作。監督・脚本は「Shattered Glass」のクリス・クラウス。出演は、「ラン・ローラ・ラン」のモニカ・ブライブトロイ、1200人の中から選ばれた新星、ハンナー・ヘルツシュプルング。2007年ドイツアカデミー賞作品賞、主演女優賞受賞。


レビュー
YAHOO映画 4分間のピアニスト より


総合:3.64点/207件
みたい人:496人
みた人:1057人
ファン数:137人


① とってもいいです、これ。 採点: 5 点
勢いあるなあ、この映画。
金掛けないで、ここまで行けるかって言う。
笑いどころも泣きどころも考えさせどころもすべて用意してあります。
監督、力ある。


② 剥き出しの美しさ 採点: 4 点
暴力的で、剥き出しで、
グサリとくる場面もあるけれど、
それがなければ成り立たない感動がある。

人の心を揺さぶるには、
『普通』=『多数派』ではかなわない領域がある。
美や完璧を追及するには、
天から与えられた才能と生きるには、
痛々しいほど尖っている必要があるのかもしれない、
と想像させられた。

ラストの演奏は鳥肌が立つ。
日本人ピアニストが演じているサントラも必聴。


③ ドイツの映画 採点: 5 点
深夜にDVDで観たせいかもしれないが、星5つだと思った。
完璧な出来ではなく、今一つな所はあるが、ピアノから伝えたい、
表現したいことが何となく感じられた。
また、最近のセンスとか流行とかで作られているうわついた映像でなく
映画のセオリーを踏まえて作られているのが分かり、心地よい。
二回目に観たらそれほどでもないと思えるのかもしれないが、
波長の合う人には、満点の映画であろう。


④ 感動できなかった 採点: 3 点
ドキュメントの様に描かれているが、まるでリアリティがない
ラストの演奏も実際あの状況になったら会場ドン引きだったのではないか
悪い映画ではないけど、もうとにかくモヤモヤして切れ味が悪い

唯一、ガチガチ先生の●●●柄のシャツは笑えた


⑤ 感じなかった 採点: 2 点
最後の演奏は鳥肌モノでしたが、
彼女の疵も先生の疵も、凄いのか凄くないのかよく分からない。
感情の爆発がちょとツボと違うなぁってカンジです。
最後のお辞儀の表情は凄かったけどね。
うぅ~ん、、、




スポンサーサイト
気軽に映画の感想等書き込んで下さい♪

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ご来場ありがとうございます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
逆アクセス
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。